on the sunny side of the street

【on the sunny side of the street/オン ザ サニーサイド オブ ザ ストリート】
2011年に、ジュエリー・ディレクションをの経験をもとに、小面 誠氏が立ち上げたブランド。
「ファッションの一部としてのアクセサリー」を提案しています。
ブランド名は、1930年アメリカの大恐慌時代に作られヒットしたジャズの名曲『on the sunny side of the street』から名付けられたもの。曲中の歌詞にあるように、デザイナーのジュエリーに対する前向きな想いが込められています。